FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.22

なんというか

いつものブログ記事からは離れた話題になります。

ワンクッション置いておこう。


友達と色々話してきた。
知らない間に友達がとんでもない事態に巻き込まれていた。
色々抱えてるような気はしてたけど、
彼女の身に起きていた事態は私の想像を遥かに超えたものでした。
ここではハッキリ言えないのでこんな漠然とした
日記になってしまって申し訳ないですが;

話を聞いて自分の出来る限りアドバイスはしておいた。
正直私が自信を持って言えるようなことじゃなかったんだけども。

私自身、勉強というか知識不足で分からないことの方が多かった。
どう声をかけていいのか本当に考えた。
帰宅して色々調べてみたわけです。
そんな状態で脳をフル動員してアドバイスしただけだったので。

いざ調べてみると。
胸騒ぎが止まらなかった。
これは私の身に起きていることじゃない。
けれども色々な事実を知り私自身も震えあがってしまった。

彼女本人は私以上に不安になり戸惑い悩んでいたに違いない。
苦しんでいたに違いない。
いや、いまもなお現在進行形でこの状態が続いている。

彼女曰くこのことを打ち明けられるような人が周りにいなくて
ずっと一人で抱え込むつもりだったらしい。
実のところ別件で彼女と落ち合うつもりだったので。
せっかくだからということで話を聞いたら…こんな事態があったんだっていう。
私だったら絶対に耐えられないと思った。一人ではあまりに荷が重すぎる。
どんだけ強がるんだよ、こればかりは強がるところじゃないだろ…(´;ω;`)

私は話を聞いて助言することしかできない。それで負担を軽減することしかできない。
せめて気軽に話せるような聞き手になりたい。私ができるのはそれだけです。
この記事へのトラックバックURL
http://setunateki.blog10.fc2.com/tb.php/67-24385691
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。